ほとんどのご依頼主の方が、遺品整理を業者に依頼するということが初めてだと思います。ですので、少し

でも疑問に思うことは納得できるまで質問をして、それに誠実に答えてくれ、どういう人が遺品整理をして

くれるのか、遺品がその後どのようになるのかを明確にしている業者を選ぶことが大切です。

 

1. 複数の業者に相見積もりをして比較してみましょう

よく、管理会社や葬儀業者の担当者の方から「弊社の指定業者を紹介します」と言われ、他業者との

比較をせずに、言われるままに遺品整理業者を決めてしまわれる場合があります。

 

必ずしも、その指定業者が悪いというわけではありませんし、弊社も信頼関係を築いている各種関係

機関や、提携している業者様からご紹介頂くこともあります。

 

 

しかし、業者間によっては予想以上に料金やサービス内容に格差がある場合もあります。少なくとも

2~3社には見積もり依頼をし、料金はもちろん、サービス内容や対応の良し悪しをしっかりと比較

してからのご依頼をお勧めします。

 

葬儀などで疲れきってい状態で何件もの見積もりに立ち会うのは精神的にも苦痛かもしれませんが、

しっかりと相見積もりをし、是非とも担当者と面談なさってください。

 

そして何よりも、お客様の”思い”に合った、誠実な業者さんを判断しお選び下さい。

2.「良い業者」と「悪い業者」の違い

遺品整理という言葉は近年できた用語ですが、遺品整理する業者はたくさんあり、その形態も様々です。

弊社のような専門業者もいれば、便利屋やリサイクルショップなど、いろいろなことをやっている業者も

います。また、最近では個人でやられる方も増えてきています。もちろん、会社の形態がこうだから良い

とか悪いとかは、一概には言えません。

 

 

しかし、大切な仏具や仏壇などの取り扱いの知識も満足に持たない

業者、お金になるものがないかまるで宝探しのようにやってくるリサ

イクルショップ業者など、極一部ですが、そういう悪質な業者がいる

のも悲しいですが現実です。そういった業者には注意が必要です。

安いだけの業者はこの業界あふれかえっているのが事実です。

 

3.「不用品処理業者」と「遺品整理業者」が違う理由

弊社は遺品整理と不用品処理は別物と考えています。もちろん、

買取品がある場合はしっかりと適正な査定が出来ることや、整理

後のお部屋に匂いを残さず綺麗に掃除し、供養品がある場合は

神社仏閣でご供養する等は、遺品整理を専門業としていれば

当然のことですが、根本として遺品整理はご遺族の気持ちに配慮

した言動が求められるサービス業であるということです。

遺品整理は不用品処理の延長ではありません。「とりあえず部屋を空っぽにすればいい」という考え

方の遺品整理業者はいないと信じたいですが、ちゃんとした遺品整理業者であれば、誠意をもって大切に遺品を整理することが、依頼することを決断されたご遺族の方にとって一番大切なことであり

個人様の供養にもなると考えて整理作業に取り組んでいるはずです。

 

ご遺族の方が晴れやかな気持ちに近づけるように、心のケアまでしっかりとしてこ遺品整理業者だと思います。

4.初めに確認しておきたい「料金システム」の明瞭

もっともトラブルになりやすい原因としてあげられることは、料金についてです。料金システムが明瞭で

あるかどうかは、とても重要になってきます。

 

弊社では最初にお見積させて頂いた金額が増えることはもちろんありませんが、作業終了後に見積書に

含まれていなかった追加料金を請求され、見積では一番安かったのに、結果高くなったという事案をよく

耳にします。

「作業してみると思いのほか量が多かったので」 「見積もりにはない処分品がでた」など。追加費用の発生

の有無などは、最初の見積段階でよく確認しておくことが大切です。

 

また見積書は必ず受け取り、料金の詳細と作業内容にどこまで含まれるのかをしっかり確認し、作業終了

まで大切に保管しておきましょう。

 

もし可能であれば、依頼者様だけではなく身内の方やご友人など、立ち会って下さる方がおられましたら

複数で見積もり時に確認し、言質をとっておくのも良いと思います。